台湾のジンジンくん


夏場所は上位陣が安定して来ましたね

白鵬、日馬富士は勝ちっ放しの七連勝

harumayoshikaze1.jpg 
だめ押しせずにキュッと止めて
この後嘉風を両手で抱きかかえる日馬富士にキュン♡

昨日も止めてましたね


うちのダディは

「あんなに抱きかかえんでも落ちひんやろ〜(笑)」

と笑ってましたがw



怪我による稽古不足が心配された
アレと豪太郎、照も日に日に良くなって来ました

kisemitakeumi.jpg 
昨日も今日も時間はかかりましたが
下半身がしっかりしてる分負ける気がしない


相変わらず元気だけど塩も少ない宇良くん
IMG_6636.jpg 

琴勇輝が撒いた塩の雪が降る中
いつものようにポイと塩をまく


uraichi.jpg 

昨日はでっかい逸ちゃんを肩透かしで破り大歓声


そして何と言っても昨日の玉鷲と高安です!

takayasutamawashi.jpg 

面白かった〜
玉鷲の完勝でした!

全勝が止まった高安ですが

「あれだけの負けっぷりだから後悔も何もないでしょう」

と尾車親方が言ってたように連敗はしませんでした



いやいや

今日相撲の話じゃないんです

猫なんです


さっきNキャスを見てたら
エンディングに衝撃的な猫が!

思わず検索してしまいました


台湾で飼われているペルシャ猫のジンジンくん

td-2017_04_article_main_desktop1.jpg 

暑い時は普段からこのライオンカットで過ごしているジンジンくん


今回は飼い主さんが忙しかったため
友人に頼んでお店に行ったそうです


この友人が一体なんとトリマーに伝えたのかはわかりませんが
衝撃の仕上がりがこちら!

td-2017_04_article_main_desktop4.jpg 


ま〜あツルツルになって!
おとなしいのね〜ジンジンくん


別角度はもっとスゴイよ!!
完全にお面状態です!

td-2017_04_article_main_desktop2.jpg 
そしてトリマーさんのセンスにも脱帽
お面きゃわわ♡


も〜参った!
今まで見たサマーカットの中で最高!!





IMG_6634.jpg 
ケンシロウ親方、お株を奪われご機嫌ナナメ






00087846.jpg 
明日は海北友松展の最終日に行ってまいります!
早く寝なければっ!!







スポンサーサイト

二日目お腹いっぱい


サボろうと思ったんですよ、今日も

させてくれませんよね〜(笑)

明日の仕事に備えて寝ないといけないので
サクサク進めましょう


IMG_6591.jpg 
今年定年とは思えない若々しさの藤井アナと
おしゃれを抑えざるを得なかった秀平の目が死んだ瞬間


IMG_6592.jpg 
先日亡くなった元横綱・佐田の山と
うるさいトレーナー姿の現役時代の秀平



IMG_6593.jpg 
引退を決めた当時の心境を語る境川親方(当時)と
当時からおしゃれが走っていた藤井アナ


IMG_6600.jpg 
引退会見で清々しい表情の朝赤龍と
年を重ねてアイプチ感が強くなった高砂親方(元大関・朝潮)


ちなみに去年の春場所千秋楽にも登場した
三代目の朝潮太郎はこちら↓
katomasao.jpg 





IMG_6608.jpg 
(左上から時計回り)

前回大きな輝に負けた反省を見事に生かした宇良くん
めまぐるしく動く超高速相撲で二連勝

宇良くんはこうでなくちゃ!




今日の十両この一番 北太樹ー里山
ベテラン薄毛対決
IMG_6607.jpg 
(左上から時計回り)

左を決められてからの里山の執念の粘り
ここまで我慢できるもんですかねぇ

やっぱりすごいわ〜里山



そして玉鷲が照を圧倒したこの一番↓
ここからは右上から時計回りにどうぞ
IMG_6626.jpg

玉鷲の頭で確認できませんが
照の足がアレの足首に乗ってしまった模様
左もぶつけてるようです


なんとか隠岐の海に勝って
一瞬ホッとしたように見えましたが
明日は今日鶴竜に勝って金星の千代の国
アレの苦難は続きます


秀平が言うように筋肉断裂とかじゃなければいいんですが




こちら↓も右上から時計回りに
IMG_6625.jpg 

藤井アナが

「どちらが大関かわかりません」

と言うのも納得の高安


やはり玉鷲と高安が本命か


全部勝つつもりで行くと言う高安と
大関よりも優勝してみたいと言う玉鷲

実に面白い二人じゃないですか


 

しかも大関・照ノ富士に勝ったので
今場所早くも来ました!

名付けて

今日の玉鷲さん


IMG_6616.jpg 

刈屋アナ:張られましたけど大丈夫ですか?



玉鷲:もう、クると思ってたんで
  ズゥっとルんしゅしてたんで
  キャっこうった方が良かったしゅ
  ってくれて良かったしゅ


刈屋アナ:逆に張ってくれてありがたいくらい?


玉鷲:そうっスね(ふぅ〜)


刈屋アナ:気合い入りましたね


玉鷲:やハァ〜(ため息混じりに)
  やっぱ気合い入りましたネ
  トゥルの富士とやるといっつも気合い入っちゃいます


刈屋アナ:今日はもう、組まずに一気に押して出ようと


玉鷲:そうっスね、最初じゃっかんアバぉとぅと
  トぅるす、つき放スる、そゥと
  それが良かったス


刈屋アナ:これで二連勝


玉鷲:はぁい(にっこり)
  がんばルます


刈屋アナ:どこまで行きましょうか


IMG_6617.jpg 

玉鷲:最後まで行きまナぁフぅフぅ(デュフフ)





IMG_6540.jpg 

沢田石よ、これがインタビューや






塩分多め


夏場所初日、両国国技館

幕内後半になってもサクサク進むので
このままさらっと終わったら
更新サボろうかな〜と思ってたら

ま、そう簡単にサボらせてはもらえませんわね



返還式で左胸に抱え込むように賜杯を持ったアレを見て

「良くないですねぇ」

と呟いた勝昭の不安が的中


結びの一番で嘉風に完敗して
黒星スタートの稀勢の里

ことアレのことになると発言が慎重になる勝昭

IMG_6590.jpg 
勝昭:あと14日もあるからねぇ…

アパレルの社長みたいやなw

優勝争いも白鵬が引っ張ると無難に予想

終盤の勝昭さんに期待してます



稀勢の里、鶴竜、照ノ富士と
4横綱2大関の半分に土がついた初日

ある意味波乱の幕開けです


白鵬も完勝とはいきませんでしたしね


そんな中
勢いと力を見せつけたのが
関脇の高安と玉鷲


強い強い!


本当に「見せつけた」感じでした


IMG_6541.jpg 
場所前、フェンス越しの玉鷲

台風の目になるか?



稀勢の里を破って
なんと53本の懸賞をゲットした嘉風

ですがまだ初日
お相撲さんはニヤニヤするわけにはいきません

まして相手が沢田石だと自然
対応は塩分強めになるようです


前半は普通だったんですが
沢田石の何かがイラッとさせるんでしょうか

IMG_6587.jpg 

沢田石アナ:およそ1年ぶりに三役に戻って、今場所はどんな場所にしていきたいですか?


嘉風:今場所っすか…特に考えてません


沢田石アナ:(アレとの稽古で痛めたという)足の状態は


嘉風:ん〜…みんなどっか痛いとこありますからね
 (目を見ず)大丈夫です


沢田石アナ:でも初日、横綱に破って最高のスタートです

(嘉風:考え込んでから首を傾げて)

嘉風:や、まぁ、誰に勝っても最高のスタートですけどね
 まぁ、今日はいい相撲取れたと思います


沢田石アナ:おめでとうございます

IMG_6589.jpg 

(嘉風:軽く諾くのみで退場)

沢田石アナ:嘉風関でした


文字だと雰囲気が伝わりにくいですが
塩すぎてちょっと沢田石が不憫になりました


が、頑張れ!沢田石!



IMG_6585.jpg 
稀勢の里を追いかける土俵下カメラマンは
いつにも増して金さんとこの正男くん感が強め



IMG_6581.jpg 
飴少親方、眠気が強め





みをつくし料理帖:はてなの飯


もう2回観ちゃいました(笑)

いや〜良い!

photo_02.jpg 

何と言っても
黒木華ちゃんが素晴らしい!

原作から飛び出したようです


澪を演るために生まれてきたんじゃない?

こんなぴったりなキャスト観たことないです


このドラマは絶対に
黒木華ちゃんの代表作になる!


小説で読むと
上方から出てきたばかりの澪は
外では標準語で喋っているように
思ってたんですが

そうか〜実際は
こういうイントネーションだったのかと
改めて再発見させてもらった感じです


原作を読み込んでいるだけに
最初は色々気にしすぎてしまいましたが
物語が進むにつれてすっかりハマりました


化け物稲荷や、つる家の台所
美術さんもいい仕事してますね〜さすが!


そして予想通り料理がたまらなく美味しそうで…


エンディングの澪の料理コーナー
ありがたいわ〜

原作の巻末にあるレシピで
2品くらい作ったことあるんですが
動画で見れるのはやっぱりわかりやすい


sp01_01.jpg 

原作・高田郁先生が撮影された「はてなの飯」
ドラマHPに載ってました

これは絶対お弁当のおかずにもいいですよね

エンディングのお茶漬けも美味しそうでした


IMG_6571.jpg 
↑歌川国芳「猫の当て字・かつを」


藤本有紀さんの脚本は相変わらず絶妙で
原作の魅力が実写でさらに倍増されている気がします


清右衛門役のキムの標準語が下手なのが心配

割と重要な役ですから
頑張ってもらわないと困ります


あと1つだけ…


IMG_6576.jpg 
種市の後頭部がヘコんだよ!



IMG_6533.jpg 
それアカンと思うわ



来週はとろとろ茶碗蒸し!






やっちまったな京都


休みを取ってM子様と京都に行ってきました

や~京都は平日に限りますね 
しかもGW明けなら落ち着いてるんじゃないか
と昨日にしたんですがこれがドンピシャ!

びっくりするくらい空いてる!

最近特に海外からの観光客が増えて
えげつない事になってる京都ですが
噓みたいにスッカスカでした 


実家に戻ってから京都まで2時間かかるように
になってしまったのでなかなか腰が上がらない主 

でも春は興味深い特別展が目白押しで
金券ショップで前売り券を買って備えておりました 

そして朝も早よから出かけたのがこちら↓ 

IMG_6569.jpg 


そして!

前売り券忘れました(号泣)


イラっとしますね~

もうそんな風に仕上がってるんですいません  

6月頭までに京都で1つ、奈良で1つ
前売購入済みがあるので気をつけないと… 

気を取り直して
こちらの「いつだって猫展」
江戸時代後期に歌川国芳から始まった
猫ブーム中心に展開されておりまして

IMG_6572.jpg 
↑もっちり感がかわいい歌川広重の猫


浮世絵で見る猫の姿を見てると

コタツの上でごめん寝をする姿あり
窓越しに外を眺めるもっちりした後姿あり
懐に猫を入れて頬ずりする美人画ありで

猫好きが猫をカワイイと思うポイントや
愛し方は当時も今も変わらないんだなぁ
とつくづく感じました

IMG_6574.jpg 
↑例えばこういう角度です
(主の膝の上で診察を待つブイさん)



魚を取った猫のお尻を
コラッと叩くおかみさんの表情すら
「もう!しょうがないねぇ」
って感じで微笑ましいのです 


時に魔除けになり、化け物になり、
またある時は福を呼び、
商売繁昌すらもたらす 
上流階級から庶民まで愛されてきた猫 

実に身近で尊い不思議な生き物です


特別展の最後に「うちの猫自慢」という
自由に写真を貼れるコーナーがあったので
前売り券でブーの写真貼りにもう一回来るか(笑)


IMG_6570.jpg 
↑今回のお気に入り
国芳の「荷宝蔵壁のむだ書き」は超現代的!
手ぬぐいを被って踊る猫は歌舞伎に出てくるそうです
「大でき」がツボりました


予想外のスカスカ状態で猫展を堪能した後は
ひたすら食いしん坊祭です 

すぐそばにある5年越しで行きたかった
カレー店「カマル」にて昼食 

4種類のカレーがあるんですが
一番有名なビーフカレーが「激辛」なんです 
むしろあとの3種類はまったく辛く無い 

主はカレーバカですが
激辛マニアなわけでは無いので
悩んだ末、野菜カレー+1種類選べる
「コンビネーション」でビーフに挑戦!

IMG_6559.jpg 
↑どう見ても左がビーフ 

M子様はバターチキンと野菜カレー
怖いのでマンゴーラッシーも注文しました


あははははー!めっちゃからーい!


何年ぶりかで
次に口に入れるのが怖いと思いました

いや、美味しいんです
かなりのクオリティなんです

辛いけど病みつきになる、と言うのもわかる

でもひと口目は
ただただ辛くて味がわからん!

ふた口目からフルーティさと
牛肉のコクを感じるようになるんですが
やっぱり辛いー!!

カレーになると普段の早飯が
さらに早飯になる主ですが
無理!これは無理!

野菜カレーのサツマイモの甘みがありがてぇ!


4口目くらいに本気でめまいがしました


IMG_6560.jpg 

あれだけの量のカレーにこの唐辛子です

お見苦しい画像で申し訳ありませんが
辛さが少し伝わるでしょうか


奥にある刻みピクルスも美味しくて
2人で2/3も食べてしまいました


辛いものの次は甘いものと言うことで
お次はM子様お目当の「村上開新堂」
明治40年創業の西洋菓子のお店です

IMG_6561.jpg 

4月にカフェがオープンしたそうで
お花がわんさとあるのでありますが
これ無かったら見落とすよ的な店構えです

私全然知りませんでした

みちみちに詰まった缶入りクッキーが有名で
なんと3ヶ月待ち!


分かれたお店が東京にもあるそうですが
こちらは一見さんお断りだそうです

缶入りクッキー 5,000円から(笑)

顧客リストにある人か紹介状がないと
予約が入れられないんですって奥様!


京都は在庫があれば買えるようですが
もちろん無いのです

IMG_6575.jpg 

バラでも買えるのはこちら↑
ロシアケーキやダックワースです

お値段も200円前後で買いやすい
ロシアケーキはなんとも懐かしい感じのお味です

包装も老舗ならではのレトロ感が素敵


と、実はこれの前にパン屋に入ってますw

3feb953d.jpg 
グランディール御池店


抑えに抑えて4つw

その中のシナモンドーナツとクリームパンが
生地がもっちりふわふわで美味しかったな〜

しかも重いよクリームパン

IMG_6568.jpg 

基準がわかりませんがとにかく重いので計ってみました

ま〜通常の2倍はあるんじゃないですか


京都らしからぬ買いやすいお値段のパンが
素晴らしいクオリティ


悔しいけど、いいな〜京都

暑くて寒いけどw


ま〜古いのも新しいのも
魅力的なお店の多いこと!
今時これだけ路面店でやっていけるの
京都くらいじゃないでしょうか



次行ってみよう!

今度は私のお目当、北野天満宮近くの
かき氷が有名な「古の花」です

夏限定の桃のかき氷が食べたいけど
夏の京都はあまりに厳しい…


5月に食べれるメニューから選んだのは
私がキウイ、M子様はマンゴーです

IMG_6563.jpg 

ウマーーーー!(゚∀゚)

キウイの甘酸っぱさと粒々の果肉がたまらん!!

そしてなんてパウダースノー!!

北海道のええとこのスキー場のパウダースノーだよ!
行ったことないけど!

しかも溶けないんですけど!

最近のかき氷ってすごいのねw
溶けないんでお腹いっぱいになります


IMG_6564.jpg 
この奥にもう一段階キウイシロップが入ってます



この日は気温30度とはいえ
これだけ食べると体も冷える

かき氷はやっぱり夏の食べ物です


ここ2年前からマッキーと行きたいって
言ってたお店なんですけど
なかなかチャンスがなくて…

美味しいぞマッキー!


恐ろしいことにまだ続きますよ

次は北野天満宮のお向かいにある
「粟餅所澤屋」の粟餅です

多分16時前くらいだったのもあり
店内はお客さんが1組だけ
持ち帰りで一番小さい10個入り(1,200円)
を奥さんに1箱ずつ注文すると

なんと奥から先代、十三代目と
未来の十四代目が登場し
三人がかりで粟餅を成型してくれるのです!

先代と十四代目が餡の粟餅を
十三代目がきな粉を担当

まず丸めた餡の粟餅を6つ詰め
棒状の粟餅を詰めてきな粉をまぶします

がっ!!

ここで先代の餡餅に十三代目のダメ出しが!

棒餅を詰める前に
十三代目が箱を持ち上げて
餡餅の高さをチェックし始めたのです

結果、餡餅が一つ引っかかり

先代、メンバーから外されましたw


厳しい…!さすが老舗です

IMG_6567.jpg 
厳しい当主のチェックを通過した粟餅がこちら!

餡餅がえぐれてるのは
主が自転車で横にしてしまったからです
念のため


きな粉は砂糖のジャリジャリが残って意外と甘い

私はきな粉そんなに興味ないので
いっそこれくらいのが好きです

餡は逆にさらっとしつつたっぷりで
バクバク食べれます


次は作りたてをぜひいただきたいですね〜


さ〜そろそろ駅に戻るかとバスに乗る前に
すぐそばの豆腐屋さん「とようけ茶屋」で
お土産に銀杏と百合根入りのひろうすと
いろんな具材を湯葉で巻いた「ふくだわら」を購入

今晩のおかずに、お店で聞いたとおり
たっぷりのお出汁で炊きましたが
ふんわりしてて美味しかったです


まだ終わらないんですよ


やっぱりあったかいコーヒー飲みたいよねと
烏丸まで戻って「イノダコーヒー」で
カフェオレいただきました〜

IMG_6566.jpg 


久々の長編いかがだったでしょうか


もう一枚あるんで近々またやりすぎるかもしれませんw




IMG_6545.jpg 
オレのん何もない…








プロフィール

chocoacco

Author:chocoacco
名前:ブー(♂)
ニックネーム:ブイブイ、ブイさん
生年月日:2001年8月31日
好物:乳製品(とくにチーズ)
一人称:オレ
使用言語:大阪弁

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR